手作り酵素ドリンクの危険

酵素ドリンクは何も特別な蔵や機械が無ければ作れないものではありません。

販売されている酵素ドリンクと同じクオリティのものを作るのは、野菜の種類などの観点からどうしても難しいですが、例えば「りんごの酵素ドリンク」など1種類の野菜から自宅で酵素ドリンクを作るのはできないことではないのです。

特に手に入りやすい食材を選んで発酵させれば、スーパーで原料も調達できますし、特別な機械は必要なくただ長期間発酵させられる環境があればよいのですから、自宅でも作れます。

ただし、自宅で作る酵素ドリンクには少し気を付けたい危険が潜んでいます。

作るか市販のドリンクを買うかで迷っている人は、この点にも留意してどちらか選ぶと良いでしょう。

≪危険1:腐敗と発酵の違いが素人ではわからない≫

酵素ドリンクを自宅で作る場合の手順などを見るとわかるように、基本的に酵素ドリンクは室温で発酵させる必要があります。

その理由は酵母菌ですね。

野菜を発酵させるのは私たちと同じ生き物だと考えましょう。

彼らの名前は酵母菌です。

酵母菌は冷蔵庫の中では寒すぎて活動できません。

ですから、活動しやすい気温、室温で発酵させる必要があるのです。

でも、野菜を通常室内ずっと置いておくとどうでしょう。

腐ってきますよね。

腐ることと発酵は似ていますが決して同じではありません。

腐るのを防ぎ、酵母菌だけを効果的に働かせる為に、除菌した容器の中に入れ、砂糖や塩を入れますが、空気も必要ですから容器の蓋は少し開けておくようになります。

室内が常に綺麗な状態で心配ない方はいいですが、空気が滞りがちなマンションなどの室内では腐敗が進んでしまう場合もあります。

素人で酵素ドリンクを作る場合は、料理教室などで一度講義を受けて作るなどして、どの状態なら飲めるなどのレクチャーを受けておくと良いでしょう。

≪危険2:カビ菌の混入≫

また、発酵過程でどうしても空気を入れる為に蓋を開ける必要がありますが、その時カビ菌が中に混入することもあります。

ヨーグルト作りなどで失敗をしたことがある人はわかる通り、カビが生えてしまうともうそれは食べられませんよね。

見た目にもわかる状態でカビが生えますから、飲んでしまうことは無いでしょうが、発酵途中で風通しを良くし、カビ菌の繁殖を抑えるなどの様々な工夫が必要です。

特に湿気の多い梅雨は避けて作ると良いでしょう。

≪危険3:手間暇がかかり結局食材が無駄に≫

私たちは冷蔵庫や冷凍庫の機能に頼りがちなところがあります。

例えば、夏場に料理が残ってしまったら、ラップに包んで冷蔵庫で冷やしておきますよね。

次の日になっても「冷蔵庫に入れていたから大丈夫」と食べられる環境で育っています。

しかし発酵作業と言うのは、醤油の蔵で一日中職人さんが醤油をかき混ぜたり見張ったりしているように、とても大変で手間暇がかかることです。

いつも気にかけていなければなりませんし、言ってみれば酵母菌という手間のかかるペットを育てるよう感覚です。

自宅で安価にできると思っていると手間がかかり過ぎて途中で放り出し、結局食材費が無駄になったという人も少なくありません。

自分に発酵作業を行う時間があるかを考えて酵素ドリンクを自宅で作るか、それとも市販のものを買うのか選択しましょうね。

ファスティング&酵素ドリンクの基礎知識

ファスティングの基礎知識!

酵素ドリンクの気になるQ&A

ファスティング調査員5名が、ネットで話題の11種類の酵素ドリンクを徹底的に飲み比べて、味・見た目・香り・成分・飲みやすさの10段階でリアルに評価しました!

これを機にあなたもホンネで評価した調査員のレビューを参考にして、自分に合った酵素ドリンクを選んでみては?

ファスティングダイエット用酵素ドリンクランキング


ベジーデル酵素液
ベジーデル酵素液

味もおいしく成分も抜群!
販売開始1年9カ月で39万本は圧倒的!
7,980円(税込)

ベジライフ酵素液
ベジライフ酵素液

話題性NO.1の商品
浜田ブリトニーさんが-10キロの減量を達成
4,980円(税込)

ごちそう酵素 ごちそう酵素

ゴクゴク飲めちゃうおいしい酵素ドリンク。
7,350円(税込)
   

さらに



「ファスティングダイエット@成功の秘訣《お勧め酵素も紹介》」について

ファスティングダイエットや酵素ダイエットに詳しいサイト。 今や世の中では週末断食などのいわゆるプチ断食が大流行していますよね。 でも、ファスティングを水だけで乗り切るのは至難の業なんです。リバウンドせずに楽に成功させるコツを伝授しています。