酵素ドリンクは加熱処理されると効果が落ちるってホント?

酵素は熱に弱い性質があるため、加熱処理されることで本来の力が弱まってしまいます。

しかし、加熱処理されている酵素ドリンクでも、効果が全く期待できないわけでは無いんですよ!

日本で発売されている酵素ドリンクは、製造する際に加熱処理が義務付けられているのです。

食品衛生法では殺菌の温度や時間が決められているため、少なくとも10分間は加熱処理する必要があります。

酵素は50~70度の熱によって非活性の状態になり、本来の力が発揮できなくなるんですね。

でも、酵素ドリンクには人間にとって必要以上の酵素が含まれているため、全く摂取しないよりは、もちろん意味があります。

ただし、商品によって加熱時間や製造過程なども異なりますので、選び方には注意して下さいね。

生の状態の野菜や果物を液状にするためには、加熱処理をするのが1番早いですよね?

ですから、少しでも多くの商品を作るために、加熱時間を長くしている酵素ドリンクもあるんですよ。

しかし、酵素ドリンクの中には、なるべく酵素のパワーを失わないように、最低限の加熱処理しか行っていない商品もあります。

たとえば、発酵を促進させる菌をたくさん使ったり、遠赤外線効果によって発酵・熟成を促進させる陶製のかめを使用して製造する方法があるんですね。

また、酵素の活性を促進させる麹菌を使って発酵させている商品もありますよ。

つまり、発酵・熟成に掛かる時間が長ければ、それだけ熱を加えずに、できるだけ自然な形で液体になるのを待つ可能性が高いですね。

加熱処理の時間については、商品のサイトを見ても分かりづらいかもしれません。

でも、多くの菌を使用している・発酵や熟成に時間を掛けている・陶製のかめを使って製造しているというポイントが、1つの目安になるでしょう。

酵素の含有量が多ければ、製造時に多少加熱処理をしていたとしても、充分効果は実感できるはずですよ!

実際に、酵素ドリンクを飲んでダイエット効果や美容・健康効果を実感している人が多いのは、加熱処理をしていたとしても問題が無いからだと言えますね。

ファスティング&酵素ドリンクの基礎知識

ファスティングの基礎知識!

酵素ドリンクの気になるQ&A

ファスティング調査員5名が、ネットで話題の11種類の酵素ドリンクを徹底的に飲み比べて、味・見た目・香り・成分・飲みやすさの10段階でリアルに評価しました!

これを機にあなたもホンネで評価した調査員のレビューを参考にして、自分に合った酵素ドリンクを選んでみては?

ファスティングダイエット用酵素ドリンクランキング


ベジーデル酵素液
ベジーデル酵素液

味もおいしく成分も抜群!
販売開始1年9カ月で39万本は圧倒的!
7,980円(税込)

ベジライフ酵素液
ベジライフ酵素液

話題性NO.1の商品
浜田ブリトニーさんが-10キロの減量を達成
4,980円(税込)

ごちそう酵素 ごちそう酵素

ゴクゴク飲めちゃうおいしい酵素ドリンク。
7,350円(税込)
   

さらに



「ファスティングダイエット@成功の秘訣《お勧め酵素も紹介》」について

ファスティングダイエットや酵素ダイエットに詳しいサイト。 今や世の中では週末断食などのいわゆるプチ断食が大流行していますよね。 でも、ファスティングを水だけで乗り切るのは至難の業なんです。リバウンドせずに楽に成功させるコツを伝授しています。